ダーツのルーツ

現在世界各国で何千万人と言う人々に親しまれているダーツゲーム
そのルーツは500年以上も昔のイギリスの戦場へとさかのぼる。
兵士の気晴らしの遊戯であったダーツは、彼らが退屈しのぎに考え出した
と言うのが、そもそもの始まりらしい。

空になった葡萄酒の樽が、最初に使われた的だった。これを外壁
などに立てかけて、スピアー(短く切った矢)を投げつけては、互いの
腕を競い合ったのだろう。もしその当時、イギリスで火薬を発明していたら
鉄砲にとって変わられ、ダーツは生まれることすら無かったかもしれない。

さて、兵士たちの単なる退屈しのぎの遊びであったダーツも、少しずつ
技を競うスポーツの方向へ変化していく。葡萄酒樽の不足もあって
次に的として使われたのが、木のボードであった。これは切り倒した
大木を厚めに切断したもので、このボードの切断面には、自然の年輪
が刻まれていた。年輪は偶然にも採点を可能にした。さらに使い込まれて
いくうちにボードが乾燥すると、何本もの放射状の亀裂が入り、採点は
いっそう複雑なものになっていったのである。この大木を切断したボードが
現在のダートボード(注:ダーツとはdartの複数形dartsでボードなど単体
を指すときはダートと表記します)のフェイスデザイン原型となりました。

それはさておき、このイギリス生まれの古代のスポーツを、今日、
これほどまでにポピュラーにした理由は一体、何だったのであろうか。
答えは簡単。3本の矢を的に向かって投げる、ただそれだけのゲーム
だからです。一度ダーツを投げてみる、外れたらもう1本、そしてさらに
もう1本。すると、何かが強烈にあなたの内部からつきあげてくるものが
感じられるはずです。もう3本投げてみようという、強い刺激的な欲求。
参考文献=英国流ダーツの本

ダーツトップ スタンダードダーツ チャンピオンダーツ デラックスダーツ トーナメントダーツ プロダーツ エレクトリックダーツ シャインダーツ オリジナルダーツ 矢羽根  

ホーム ジッポー販売