ダーツって危険?

ときたまにではあるが、「ダーツは危ないんじゃないですか」と
言われることがある。世界中でいまやポピュラーとなっている
ダーツではあるが、このインドアスポーツの普及の低さを嘆か
ざるを得ない。


「突端恐怖症」の気が、なきにしもあらずであるが、危ないとい
うのなら、アーチェリーだってゴルフだって大いに危険だし、
人を狙って投げた場合ならダーツだってそうである。だが、
それはまさに狂気の沙汰で、いきなりボウリングの大きなボウルを
顔に投げつけられるか、ゴルフのアイアンで、イヤというほど
頭を殴りつけられるようなものだ。

ゴルフのアイアンが、ゴルフボールを打つモノであるように、
ダーツの矢で狙うモノは、ただひとつダートボードだけなのである

他のあらゆるスポーツと同様ルールを正しく守ってプレーしさえ
すればよく、たとえばバッターボックスにはバッター
一人
が立つようにダーツのスローイング時に二人以上並んで
投げないし、ゴルフのクラブを振っている人のそばを歩かないのと
同様にスローイングの前を横切ったりすることも無いだろう。

常識だといってしまえばそれまでだが、この常識なるものを破る人
がいるから危険なのだ。これはもうダーツやゴルフが危険なのでは
無く、そういう非常識な人が「危険人物」なのである。

さらに付け加えるならば、自分ではいい格好のつもりなのだろうが、
ダーツの矢をピッチャーのような投球モーションで投げたり、
あるいはナイフ投げのように投げる人がたまにではあるがいる。
これも「危険人物」「非常識」といわねばならない。  
参考文献 英国流ダーツの本

  
ダーツトップ スタンダードダーツ チャンピオンダーツ デラックスダーツ トーナメントダーツ プロダーツ エレクトリックダーツ シャインダーツ オリジナルダーツ 矢羽根  

ホーム ジッポー販売